多重債務になったらどうしよう

借りやすい、利用しやすいと言ってお金を借りすぎてしまうと、自分の返済能力を超えた額を借金してしまう事があります。
そんな時、その額が少なければまだ返済していく事もできますが、多額になっていくと自分の収入だけでは何ともならない場合があるのです。
そうなると借金を返済するために、別の所でお金を借りて、それを利用して借金を返済する場合も出てきます。
つまり、借金で借金を返済していく状態になる可能性があるのです。
借金は雪だるま式に増えていって、もう自分ではどうしようもない状態に陥ってしまいます。
これが多重債務の状態です。

では、消費者金融などが便利なのでお金を借りすぎてしまって多重債務となった場合、一体どうすればいいのでしょうか。

多重債務に陥った場合、頑張って自力で完済する事も出来ない訳ではありません。
ただ、それはかなり大変で、不可能な場合も多々あります。
そんな時は、債務整理を選択する事ができます。
この債務整理ですが、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つの事を言うのですが、それぞれの特徴があるのでそれを知っておくのが重要です。

任意整理とは弁護士などに代理人になってもらって、債権者と話し合いをして借金を減額してもらい、その減った借金を返済する事を言います。
個人再生は、民事再生などともいい、資産を手放す事無く、借金を減額して原則的には3年間で分割して返済していく方法です。
自己破産は借金をゼロにする方法を言います。
法的に借金をなくしてもらう事はできますが、財産なども失います。
特定調停は返済条件を軽減してもらったりする方法です。

これらの方法を色々と選択して、多重債務に陥った時はそれを解決する事になります。
また、多重債務に陥った時は弁護士や司法書士に相談するのが重要です。
そうする事によって、依頼者に代わって交渉してもらえたり、またその人の状態によってどの方法を選択すればいいかなどのアドバイスをしてもらう事もできます。


WordPress Themes