ブラックリストってなんだろう

消費者金融など金融機関でお金を借りた場合、返済が滞ってしまうと返済を催促されたり、また場合によってはブラックリストに登録されてしまいます。
され、このブラックリストとは一体何でしょうか。

このブラックリストとは、別に黒いリストがあるわけではありません。
消費者金融などでお金を借りた場合、顧客情報が信用情報機関に登録されます。
この時点では別に顧客情報が登録されているだけなので、何も問題はありません。
ただ、返済が滞ってしまう、滞る場合が何度もあるなどの場合は、ネガティブ情報がその信用情報機関に登録されてしまうのです。
この状態を、ブラックリストに掲載された・登録されたと言います。

また、この情報ですが、借金を滞った相手の金融機関のみが見る事ができる情報ではなく、金融機関各社で共有している情報となります。
従って、ブラックリストに掲載されると、その後の借金などにかなり影響があるのです。
そこに登録されている期間は未来永劫ではなく一定期間ですが、その間に住宅ローンを借りようとか、マイカーローンを利用しようと思っている人は注意するのが無難と言えます。
新規の借金の申し込みはできますが、融資を受ける為の審査になかなか通らなくなってしまうのです。

ちなみに、借金をしすぎて多重債務に陥った場合債務整理を行いますが、これを行った場合も、ブラックリストに登録される事になります。
借金問題は解決されるのですが、これは、借金を返済する上で、問題が起こったという事になるからです。
従って、この情報はネガティブ情報となるので、ブラックリストに登録された状態になります。

消費者金融は便利ですが、返済ができなくなると多重債務に陥る場合があります。
そうなるとブラックリストに登録されてしまうので、お金を借りる時は自分の身の丈に合った額を借りるようにするのがとても重要です。
そうする事によって、コンスタントに返済する事ができるようになります。


WordPress Themes